Visioを使った扱いやすい「データセンターラック管理」のご紹介

ホーム フォーラム マルチキャスト Visioを使った扱いやすい「データセンターラック管理」のご紹介

このトピックには 0 返信 、 1 ボイス が含まれます。 最終更新 by  ㈱ビューテクノロジー 6 年, 6 月 前.

Viewing 1 post (of 1 total)
  • 著者
    投稿
  • #574

    ㈱ビューテクノロジー

    Visioを使った扱いやすい「データセンターラック管理」のご紹介

    商品名は「DC VISOR」です dcvisor.com

    インフラストラクチャーのリソース管理を目的のDCFM(データセンターファシリティマネジメント)ツールで、使いやすさとコストパーフォマンスを狙った、センターフロアとラック管理に特化した「データセンタ見える化」システムです

    概要はデータの一元化とデータの新鮮さを保つための簡便な変更処理とその作業の検証確認できる仕組みです
    機能は以下のとおりです
    1 基本はデータセンターのフロアのスペースとラック搭載図の管理です
    2 各機器が持つ重量、熱、消費電力のカタログ値によるラック毎に集計します
    3 PDUからブレーカー、分電盤までの電源接続管理を行います。
    4 機器移動等の変更処理は素早く、かつ簡単に直感的な作業で行えます
    5 照合のための履歴情報を残し、機器のライフサイクル管理に役立ちます
    6 新規構築や大量の機器配置はExcelから一括処理できます
    7 簡易CADのVisioを利用し作図作業の無いラック搭載図の自動表示ができます
    8 フロア間にまたがる複数機器を構成DBから同時に表示できます
    9 常に最新の構成DBから取得するため搭載図のドキュメント管理が不要です
    10 センター移転や導入前の設置計画等シミュレーションに役立てます
    11 バックアップ機能を利用し月次、年次に遡って集計データを作成できます
    12 図面はVisio、PDFに出力出来作業報告書、指示書に役立てます
    13 フロア図の拡張等Visioに入出力してもデータリンクが切断されません
    14 棚卸、実装時の作業指示書作成、報告書、センター移転等に利用出来ます

    ★ 設置計画のためのシミュレーション
    ★ ロケーション管理
    ★ キャパシティ管理
     ・スペース
     ・重量
     ・消費電力
     ・発熱量
    ★ 除却資産、リース資産、保守等の期間切れ管理
    ★ 非定形ドキュメント管理

    ご質問はinfo@dcvisor.com
                                 以上

Viewing 1 post (of 1 total)

The forum ‘マルチキャスト’ is closed to new topics and replies.

Comments are closed